若ハゲの原因と予防・改善方法とは!?

若ハゲ困った

若ハゲの原因には一過性のストレスもありますが、AGAの可能性もあります。

AGAの場合、男性ホルモンの分泌が多い若い時期のほうが進行が早いです。

AGAの場合、育毛剤やサプリメント等での改善が見られなければ、病院で治療を受ける必要も出てきます。

若ハゲの原因について

若ハゲの定義に特別なものはありませんが、
30代中盤以降はAGAと呼ぶことが多いですから、10代から30代前半ぐらいまでが若ハゲにあたると考えられます。

年代的にも毛乳頭は元気ですし、男性ホルモンの分泌は活発です。

育毛剤などのセルフケアで改善が見られない場合は、
最終的に治療を受けることで、完全なハゲを回避し、自分の髪を取り戻すことができる可能性は高いです。

 

ただし、そのためには早めの治療が必要になるケースもあります。

ストレスによる脱毛など、
一時的なものであれば自分の力で回復できる可能性はありますが、
薄毛の進行が止まらなければ本格的な治療を受けたほうが良いかもしれません。

男性ホルモンが原因となるAGAでは、若いゆえに進行が早くなります。

 

AGAは進行性の脱毛症ですから、
男性ホルモンの分泌が多い若い方のほうが進行も早く、ハゲやすくなると言われています。

ホルモン分泌による若ハゲの原因には若さゆえに進行が早いという問題があり、放置しておくと治療が難しくなるようです。

若いからそのままにしておくのではなく、若いから早めに医師の診断を受けたほうがよいでしょう。

若ハゲの改善方法について

しかし、若ハゲの原因はホルモン分泌だけではありません。

生活習慣や食生活なども関係しています。不規則な生活を送っていると頭皮に悪影響を与えるのです。

睡眠時間が短かったり、睡眠時間が不規則だったりすると髪によくありません。

 

健康的で規則正しい生活習慣を心掛けるとよいです。
食生活は髪の栄養を確保するために重要です。

栄養バランスのよい食事を心掛けましょうね。

 

血液にのって栄養は運ばれますので、
コレステロールの高い食事や油分の多い食事など血液がどろどろになったり、
血管が詰まってしまうような食事は避けたほうが賢明です。

そのためには、スナック菓子や揚げ物、肉類などは控え、
抗酸化作用や血流促進作用のある、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ果物や野菜を積極的に摂りましょう。

何かを偏って食べてしまうのはよくありませんので、髪によいからといって特定の食材に偏らないように心掛けましょう。

 

シャンプーは頭皮にあったものを選び、正しい方法で洗髪することが大切です。

また、洗髪後は濡れたままにしておくと良くありませんから、
ドライヤーなどを使って手早く乾かすようにするとよいです。

 

ということで、生活習慣の改善は大前提ですが、
その上でAGAの治療にも興味があるならば、併せてこちらの記事も参考にしてみてください。

ミノキシジルの発毛メカニズムや効果の理由とは?

副作用無しの天然育毛剤比較

関連記事

コメントを残す