キャピキシルの効果と成分の特徴!副作用は無いの?

キャピキシル

ミノキシジルに代わる育毛新成分として、
キャピキシル(Capixyl)が有名になりつつありますが、
それは一体どのような成分・効果があるのか、まだ広くは知られていません。

そこで今回は、キャピキシルがどのような効果があるのか、
またミノキシジルのような危険な副作用はあるのかについて解説していきたいと思います。

『キャピキシル』の特徴とは

キャピキシル』とは、カナダの化粧品原料メーカーの
「ルーカスマイヤーコスメティクス社」が開発した成分の総称のことで、
AGA(男性型脱毛症)を防ぎ、衰えてしまった毛包の成長に直接働きかけ、再び成長力を高める効果があります。

その成分には、「ビオカニンA」を多く含むアカツメクサの花エキスと、
成長因子である「アセチルテトラペプチド-3」がミックスされているのが特徴です。

 

育毛の基礎となる要素は大きく分けて3つあり、
それが「良い細胞活性」・「良い栄養補給」・「良い脱毛抑制」です。

その中で「良い脱毛抑制」が重要と考え、
この基板をしっかりと固めることが本来の育毛治療にふさわしいと考え、このキャピシルを配合させています。

 

何においても言えることですが、常に減っていくものを増やすためには、
まず失う量を抑制しないことには増やすことはできません。

これを育毛に例えても同じことが言え、脱毛の量を抑制しなければ髪の毛を増やすことができず薄毛は改善されません。

キャピキシルは、ビオカニンAと
アセチルテトラペプチド-3の2つの有効成分によって、
その脱毛を抑制して毛包の活性力を高めて固定力を高める働きをします。

『キャピシル』の効果と副作用について

キャピキシルに配合されている有効成分である「ビオカニンA」は、
大豆などに多く含まれていることで知られているイソフラボンの一種で、

AGA(男性型脱毛症)の原因とされる男性ホルモンの一種、
「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を促す「5αリクターゼ」と呼ばれる還元酵素の活性を強力に抑制する効果があります。

 

また、成長因子である「アセチルテトラペプチド-3」は、
4種類のアミノ酸から構成された物質で、
毛の成長を担っている毛包に直接働きかけて、弱っている毛包を活性化させて抜けにくくします。

キャピキシルは、育毛剤としても有名な
「ミノキシジル」のおよそ3倍もの効果があるとされており、
そのデータは臨床試験の結果により立証されています。

 

また、ミノキシジルには副作用も懸念されていますが、
このキャピキシルという育毛成分は植物由来の有効成分とアミノ酸からできているので、
副作用の心配もありません。

ミノキシジルとの大きな違いは、
発毛を促進させる効果のみが配合されたミノキシジルに対し、
キャピキシルは脱毛を抑制させながら発毛を促進させる働きがあり、そのどちらも高い効果が認められている点です。

1本で2つの強力な働きをするキャピキシルは、これからの育毛業界を変えていく存在となることでしょう。

副作用無しの天然育毛剤比較

関連記事

コメントを残す