プロペシアの効果と副作用

プロペシアの副作用

プロペシアとは男性型脱毛症改善に使用される治療薬です。

原因のひとつである男性ホルモンと、
それに作用を及ぼす特定酵素に働きかける成分を含んでいるため、効果は高いとされています。

ただし、性機能や肝機能などに対する副作用も危険視されています。

プロペシアが効果を期待できる理由とその副作用とは

プロペシアに含まれている主成分は、フィナステリドと呼ばれるものです。

これは、元々は前立腺疾患治療のために使用されていた成分であるため、
男性ホルモンに意図的に働きかける作用を持っています。

 

プロペシアが使用される男性型脱毛症の原因のひとつには、
男性ホルモンが特定酵素の働きを受け、発毛阻害物質に変換されてしまうことが挙げられます。

ですから、そこに働きかけるフィナステリドを含んだ治療薬を服用することで、男性型脱毛症に対しては効果を期待することができると言うわけです。

ただし、男性の性機能や精神面、また男性らしい体作りに大きな役割を果たしている男性ホルモンに、意図的な作用をもたらすのですから、副作用については否定できるものではありません。

 

たとえば性機能においては勃起不全などのED症状、精子量の減少や射精の際に痛みを伴うと言ったものが報告されていますし、精神面においては性欲の減退、活力の低下、鬱にも似た症状を発症したケースもあるとされています。

また頭髪は濃くなったけれど体毛は薄くなり、乳房も女性のように膨らんできたと言う副作用もあります。

プロペシアによる肝機能への負担とこれら副作用が出てくるタイミング

更にプロペシアは『飲む育毛剤』とも呼ばれており、錠剤として、内服薬として服用するのが一般的な治療薬です。

成分を体の中に余すことなく吸収できると言う点はメリットと言えますが、半面、薬の成分の影響を受けやすい肝臓に対しての負担を避けることはできません。

 

肝機能は個人によって大きく差がありますが、特に元から肝機能が弱っていた、あるいは明確な問題を抱えていたと言う方がプロペシアを服用し続けた場合には、薬物性肝障害などの大きな問題が発生することもあります。

こうしたプロペシアの副作用で恐ろしいのは、服用を中止した後からでも、その数カ月後から数年後でも、これらの症状が出てくる可能性があると言うことです。

 

服用している最中にこれらの症状が出てきたため、服用を中止したら症状がおさまったと言う場合でも、たとえその後、また服薬を再開しなくても、これらの症状が出てくることもあります。

プロペシアは先述した通り、男性型脱毛症に対しては高い効果を期待することができます。

しかしだからこそ、そこに含まれている成分の力は、あらゆる意味で強力だと言うこと認識しておく必要があるのです。

副作用無しの天然育毛剤比較

関連記事

コメントを残す