ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジルとフィナステリド

ミノキシジルとフィナステリドはともに日本では広く使用されている育毛剤です。しかしながら両者は作用機序が全く異なる薬です。そのため効果や発現する副作用に違いがあります。さらに有効な薄毛の種類にも違いがあります。

ミノキシジルとフィナステリドの概要

ミノキシジルは日本ではリアップという外用薬として市販されております。

また、ミノタブという内服薬はアメリカなどから輸入する事が可能です。

ミノキシジルの効果の特徴としては、
ホスホジエステラーゼⅤという酵素を阻害することにあります。

 

さらに具体的に言うと、ホスホジエステラーゼⅤは、
血管の拡張を促進するサイクリックGMPという分子の分解を助ける酵素です。

そのホスホジエステラーゼⅤの機能を阻害することで、
サイクリックGMPを増やして血管を拡張させ、毛根への血流量を増加させます。

そうすることで毛根に多くの栄養を送りこめるようになり、育毛効果が得られるのです。

 

一方、フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)に対する有効性が認められている医薬品です。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが
毛根内に存在する5αリダクターゼという還元酵素によって活性化され、毛根に作用し、脱毛を引き起こします。

この薬はこの5αリダクターゼを阻害して、テストステロンが毛根に働きかけにくいようにします。

これで薄毛を改善していくという理論になります。

このように両者には作用機序に明確な違いがあります。
ここからは効果、副作用に関する違いについて解説します。

ミノキシジルとフィナステリドの効果、副作用の違い

まず効果の点での違いに関してですが、
ミノキシジルはあらゆる原因で起こる薄毛に対して効果が得られる可能性があると言われています。

※当サイトではその効果を疑問視していますし、何よりミノキシジルは危険な副作用があるため推奨しません。

どのような薄毛を改善するのにも血流増加による栄養分供給の増加は必要であるため改善効果が謳われています。

 

一方、フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑える薬であるため、
男性型脱毛症の治療に特化した薬となっています。

よって男性ホルモン以外が原因となる脱毛症には有効性を示しません。

しかしミノキシジルの外用薬タイプは循環血液中にほとんど吸収されないため、
ミノタブのような内服薬に比べれば、副作用が少なく比較的安全な薬であるとは言えるでしょう。

(当然ながらその分効果も期待できません。)

両者比較のまとめ

この2つの薬は作用機序が異なる薬です。
ですから効果や副作用面においても相違点が出てきます。

効果に関しては、ミノキシジルはあらゆる薄毛の治療に関して活用されているということ。

一方、フィナステリドはAGAに特化した薬であるためAGAに対してしか有効性を示さないという言われています。

副作用無しの天然育毛剤比較

関連記事

コメントを残す