ミノキシジルとプロペシアの違い

ミノキシジルとプロペシア

ミノキシジルとプロペシアはどちらも脱毛症に使用する薬です。
ただ両者には違いがあります。まず作用機序が異なります。

そのため効果だけでなく副作用も違った形で現れます。また有効な薄毛の原因も異なってきます。

ミノキシジルとプロペシアはどのような薬か

ミノキシジルは当サイトでは何度も解説していますが、
日本ではリアップという商品名で販売されています。

日本では直接頭皮に塗布する外用薬としてしか応用されていませんが、
海外においては内服薬として使用されるケースもあります。

ミノキシジルは、血管拡張を助長するサイクリックGMPという
物質の分解に関与するホスホジエステラーゼⅤを阻害することで
血管内のサイクリックGMP濃度を上昇させ、血管を拡張させる薬です。

血管が拡張すると血流がよくなるため毛根への栄養分の供給が多くなり、発毛を促します。

 

一方、プロペシアはAGA治療で使用される内服薬です

AGAでは男性ホルモンのテストステロンが
毛根内で5αリダクターぜによって活性化され、
毛根に作用して脱毛を引き起こします。

この薬は5αリダクターゼを阻害することで、
テストステロンの毛根への作用を弱める効果があります。

ミノキシジルとプロペシアには具体的にはどのような違いがあるのか

前述の通り、ミノキシジルとプロペシアはまず作用機序に大きな違いがあります。

よって効果や副作用にも違いが出てきます。

外用薬においてはまず副作用に関しては両者とも出にくい薬です。

 

ただ、ミノキシジルが内服薬として使用された場合には副作用は出やすいです。

血管拡張効果を示すため、低血圧、顔面紅潮、頭痛などが主な副作用として挙げられます。

また他剤との薬物間相互作用も起こることがあるので併用薬がある場合には注意が必要です。

 

さらに、有効な薄毛の種類にも違いが出てきます。

プロペシアに関しては、
男性ホルモンの働きを阻害する薬であるため
AGAの治療以外には有効性を示すことはありません。

ミノキシジルに関しては血流を増やすことで育毛を促進する薬です。

よって、あらゆる薄毛の原因にも有効性を示す可能性があるとは言われています。

ミノキシジルとプロペシアの相違点のまとめ

ミノキシジルとプロペシアは両者とも
薄毛治療に広く用いられている薬ですが、全く異なる薬です。

ミノキシジルの内服薬は血管拡張による低血圧、
顔面紅潮、頭痛といった副作用が現れやすく、
さらに薬物間相互作用も出やすい危険性は否めません。

効果が高いと言われることもある
ミノキシジル内服薬の副作用のリスクは非常に怖いです。

ですから基本的には、AGA治療で使われるプロペシアの方が副作用が少なく、
安全と言えるでしょうから、
どちらかの使用を検討しているのであれば
まずはプロペシアから試してみることをオススメします。

副作用無しの天然育毛剤比較

関連記事

コメントを残す