自毛植毛のデメリットと危険性

自毛植毛リスク

自らの毛を移植する自毛植毛は、
薄毛を解決する一つの方法ですが、同時に危険なデメリットも存在しています。

優れた面ばかり取り上げられる植毛は、
デメリットから注目が逸らされるので、注意深い理解が出来なくなる危険が潜みます。

植毛の特徴と他の方法との違い

植毛とは、毛を薄くなった頭皮の部位に植える方法で、物理的に補う事が特徴の一つです。

植毛に使われる毛は、人工的に作られた物と自毛を移植する二種類があります。

 

人工毛は、見た目や手触りの自然さはありますが、
頭皮に問題を引き起こす事が危険です。

その理由は簡単で、人工的な毛を植える方法は、
異物を体内に入れる事と同じだからです。

 

代わりに登場した方法が自毛植毛で、
人工毛のデメリットが排除された比較的安全な方法です。

ただ、自毛でも手術を行う事に違いはないので、
人工毛に変わる新たな問題が発生しています。

 

自毛を移植する方法は、頭皮に定着する事で自然に生えますが、
効果は体調に依存する事がデメリットです。

育毛剤の使用や厳格な体調管理が不要なので、
手術後の手軽さは魅力ですが、逆にその油断がデメリットに繋がります。

 

内服薬の治療法は、体内から頭部全体に作用しますが、
植毛は植えていない場所との違いが発生します。

植えた部分は毛が生えても、手術していない部分は抜け毛が継続するので、
まだらに生えたり違和感を生じさせます。

自毛植毛に潜むデメリットと危険

自毛植毛の危険性は、外科手術で植える方法を用いる事で、
外科的なリスクを受ける事がデメリットです。

手術対象は頭皮の表面に限りますが、
麻酔を行って手術するので、その後の影響や突然の痛みが発生します。

 

毛を植える密度は、必ずしも高くないので、
一度で満足出来る密度を得る事は困難です。

手術を繰り返す事になるので、
回数が増加する事もリスクを高める原因になります。

 

術後の経過は、適切なケアで正常に保たれますが、
出血と傷の治りの繰り返しが痒みを引き起こします。

更には、カサブタも手術の部位に発生するので、
帽子を被らなければ外出できない事が問題です。

 

薄毛医療の分野は、研究段階で全てのメカニズムは解明されていません。

内服薬や育毛剤であれば、副作用が発生しても、
中断するだけで以前の状態に回復出来ます。

 

しかし、手術は不可逆的な方法なので、
失敗しても中断して元に戻せない事が欠点です。

また、手術費用は高額ですが、当初は効果が感じられても、
数年単位で効果が失われる場合があります。

今後も内科的な治療方法が進歩する可能性を考慮すれば、
焦って手術を受ける事のリスクは比較的高くなります。

 

このように植毛はメリットだけでなく、
リスクも多分にある技術と鳴りますので、
まずは段階的に副作用の無い育毛剤などから始めていく事が安全ではないでしょうか。

副作用無しの天然育毛剤比較

関連記事

コメントを残す