フィナステリドは効果より恐ろしい副作用が危険!

フィナステリド副作用

フィナステリドには、優れた効果とリスクの高い副作用があります。

効果は、フィナステリドを使い続ける間に得られますが、
副作用は服用を止めた後にも残る場合があります。

服用する間に発生するものと、使用を中断しても残り続ける二つの問題が存在します。

フィナステリド服用中に発生する効果と副作用

全身に働きかけるフィナステリドは、血中のホルモン量に依存しない効果を発揮します。

具体的な効果としては、脱毛のシグナルを食い止める事が主な働きです。

 

しかし、フィナステリドはホルモンに影響するので、
欲の一つである性欲の減退が問題になります。

また、勃起の問題も発生し易くなるので、
得る髪に変わって失う性的な問題は深刻です。

精子減少の副作用は、将来的な子作りに影響しますし、
性欲や勃起共に欠かせない機能です。

これらの症状は、フィナステリドの服用を止めれば次第に改善します。

 

フィナステリドに潜むもう一つの問題点は、
精神に作用してうつ症状を引き起こす事です。

うつは、生活の活力だけではなく、
活きる意欲さえも失わせるリスクがあります。

先の症状と合わせれば、更に意欲を失う可能性は高くなり、
副作用が与える問題は深刻になります。

 

他に肝機能に問題が起こる懸念も潜むので、
内臓にも影響が出る懸念があります。

この薬は、使い続ける使用法が前提なので、
継続期間が長引く程リスクの重みは増加します。

気が付いた時には、重大な問題が発生している場合もあるので、
慎重に服用を検討する事が大切です。

服用を止めても残り続ける副作用の問題

使用中の問題は、服用量を調節したり、
服用自体を中止する事で解決する可能性があります。

ただ、人によってはフィナステリドの服用を中止しても、
症状が残り続ける事があります。

 

薬の副作用自体は、発生確率に個人差があり、
症状の種類が多くても必ずしも重くなるとは限りません。

フィナステリドが引き起こす内臓の問題は、短期的には可逆的でも、
長期化すると元に戻らないリスクがあります。

問題が新たなリスクを引き起こせば、
想定していない問題を抱える懸念も存在します。

 

数十年単位の服用は、開発者にとっても未知の領域なので、
これから新たな問題が発生する事もあり得ます。

望まない症状に気が付いたり、問題の原因が直ぐに分かった時は、
服用開始前に戻れる確率は高めです。

髪を維持する為の薬なので、
薬の作用を希望する限り続ける必要があります。

 

薬を使わない選択の勇気は、
代わりに他の解決方法を必要としますが、髪の成長に必要な体の健康が守れます。

健康を無視する場合は、発毛と髪の維持作用は得られますが、
同時に今後のリスクを引き上げる原因になります。

当サイトとしても最もオススメなのは、
副作用の無い育毛剤を継続して使う事と、
生活習慣や食事を徹底的に見直し改善することです。

副作用無しの天然育毛剤比較

関連記事

コメントを残す